LIUN(一般社団法人 全国地域情報活用ネットワーク)とは?

当法人は、ランチパスポートスキームやそれらから派生した様々なクーポン情報コンテンツ及びネットワークを活用し、地域活性・地方創生に寄与することを目的として設立された団体です。

デジタル・トランスフォーメーション(DX)時代に突入した今、日本全国の様々な情報コンテンツの持つ価値は飛躍的にアップしています。

経済産業省が発表した「DX 推進指標」によれば、DXの定義は「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」とされています。

取組みの選択肢としては以下の項目などが主に上げられますが、対象としては非常に幅広く「デジタル技術を活用」は必須の前提として念頭に置く必要があります。

・業務の効率化による生産性向上

・既存製品やサービスの付加価値

・新製品やサービスの創出

・現行ビジネスモデルの変革

・企業文化や組織マインドの変革

こうした状況の中で、アナログであったクーポン情報やそれに紐つく地域情報をデジタル化(一元化)し、企業はじめ全国自治体へ情報提供及びスキームの構築を促していくことは急務だと考えています。

また、デジタル分野だけに留まらず、オールドメディアでの対応も、まだまだ必要と感じており、両軸でのサポートができる体制を図っていくことが今後も重要と捉え全国の地域情報を収集するスキームをご提供していきます。